おじさんがいる⑧

平成20年、当時高校三年生だった【あみ】
受験戦争真っ只中の彼女は、その夏恐ろしい体験をすることになります…

※このお話は私の友人の体験をもとに再構成しています


前回の話はこちら↓



第一話はこちら↓



1


2


3


4


5


6


7


8


霊感の強い友人数人に、幽霊が見えたらどんな感じなの?と聞いたところ
違和感はあれど日常に溶け込んでるから無視できる派と
見入ってしまって逸らせない派に分かれました

はい!どっちも嫌!

次のお話はこちら


↓更新通知で最速で読めます!

読者登録